<キッズ王国かわらばん>




 ☆ 2017年9月13日号 ☆ 


 ある幼児サークルでの事ですが 

 3才の男の子に対し「ダメ」・「走らない」 

 「お友達にぶつからない」と 

 常に大きな声を子供に 

 投げ掛けているお母さんがいました 

 お母さんはお友達に怪我をさせたら申し訳ない 

 との事で声を掛け続けているのだと思います 

 しかしお母さんの声は子供には届きません 

 どうしてお母さんの声に子供は立ち止まったり 

 振り向いたりしないのでしょうか? 









子どもたちにとって 身近な大人から学ぶ事と同じくらい

子どもの世界で学ぶことが大切と考えます


トップに戻る